FC2ブログ
         

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

i Padの基本機能についてまとめて見ました。【メモ記事_ツール】

2010年4月3日、アップル社製の新デバイス「iPad」が日本より一足早く米国(アメリカ)で発売されました。

ニューヨークの主要なアップルストアでは、前日から行列ができるほどの熱狂ぶりを見せています。

一週間で20万~30万台が売れると予想されるほどの人気のようです。 情報ソース:IZA

iPhone(アイフォーン)に引き続き、2010年のヒット商品になりそうなこの商品ですが、一体何ができるのでしょうか。

下記に機能をまとめてみました。i Padの公式サイトの基本仕様を筆者の独自解釈で編集。





◎基本機能

 Safari・・・インターネット

 メール・・・メールの送受信

 写真・・・デジタルフォトフレーム

 ビデオ・・・動画鑑賞

 YouTube・・・Youtube鑑賞・共有

 iPod・・・音楽鑑賞

 iTunes・・・音楽購入

 App Store・・・アプリケーション購入

 マップ ・・・地図
        (Googleのストリートビューと地図機能)

 メモ ・・・メモ帳機能

 カレンダー・・・スケジュール管理機能
         (iTunesでiPhoneなどのスケジュールを一元管理)

 連絡先 ・・・電話帳機能
       (カレンダーと関連付けされる。)

 ※電子書籍の閲読機能・・・iBookstoreで購入した書籍を閲読する機能。

◎操作性特長

 VoiceOver・・・21ヶ国語に対応した読みあげ機能
         ジェスチャーによる機能の呼び出し 

 Spotlight検索・・・iPad内のデータのすべてを検索
          (アプリケーション内のデータも検索。)


◎iWork・・・オフィスツールとして使える機能群

 Numbers・・・表計算機能
       (エクセル(Excel)のようなグラフ作成・数字の集計)

 Keynote・・・プレゼンテーション作成機能
      (パワーポイント(PowerPoint)のようなプレゼン資料を作成する機能)

 Pages ・・・ワープロ機能
       (ワード(Word)のような文書の作成)

◎サイズ
サイズ/重量1

 高さ:242.8mm

 幅:189.7mm

 厚さ:13.4mm

 重量:680g(Wi-Fiモデル)
    730g(Wi-Fi + 3Gモデル)

◎肯定的な私見(i Padに対する肯定的意見,メリット,特長)
 ・インターネット,メール,読書,音楽,動画,ゲームなど日常生活を豊かにする機能でたっぷりのデバイスですね。

 ・iWorksの機能群は、ワードやパワーポイント,エクセルのような機能をより身近にし、オフィスシーンを
  革新するような可能性を感じます。


◎気になった点(iPadに対する少し否定的な意見,問題点提起,デメリット,弱点)

 ・iPadは魅力的な機能で溢れていますが、iPhoneやiPodとの住み分けはどうするのでしょうか。
  iPadとiPhoneとiPodこの3つを全て持っても機能がかぶり過ぎるような気がします。

 ・公式サイトを見ましたが、基本機能の中に、電子書籍の閲読に関する機能の説明がありません。
  実際にiBookstoreと検索しても2件しか検索結果がでません。(2010年4月3日現在)
  電子書籍の閲読機能は、電話、音楽の次にきても良い程の重要機能だと思いますが、なぜか、
  公式サイトにおける電子書籍に関する記述は控えめ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

広告
メニュー
プロフィール

Biznote

中小企業ビジネスマンのNotion Author:Biznote
とある人材ビジネスの会社のウェブ担当者兼広報担当者兼人材募集担当者です。PR作成,求人広告作成,HTMLコーディング,リスティング広告管理,アクセス解析,DM原稿作成,SEM関連業者,求人サイト関連業者との打ち合わせなどが主業務です。ウェブマーケティング,ビジネススキルは未熟なので、日々勉強中。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキングバナー
ビジネスブログランキング
BBS7.COM
MENURNDNEXT
協力
ブックマーク登録・RSS購読
検索フォーム
最新記事
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。